既刊書 | 日本・東洋美術史

アジア仏教美術論集
東アジアⅠ(後漢・三国・南北朝)

アジア仏教美術論集
東アジアⅠ(後漢・三国・南北朝)

濱田瑞美 責任編集
A5判上製カバー装
本文582頁 挿図約400点

価格/6,264 円(税込)
ISBN 978-4-8055-1130-5

ADD TO CART

INFORMATION

アジア仏教美術論集【全12巻】
宮治昭・肥田路美・板倉聖哲 監修

第一線の研究者らによるアジアの仏教美術研究の現在の到達点と将来の展望を示す待望の新シリーズ、堂々の刊行!

本巻では、インドに興った仏教はどのように受容されたのか、中国固有の伝統思想との交渉、民族間の対立、割拠する王権や僧団とのかかわりの中で展開された多彩な「仏のかたち」を浮かび上がらせる18篇の論考を集録する。

SEARCH

copyright(C)chuokouronbijyutsu. ALL RIGHTS RESERVED.PAGE TOP
特定商取引に基づく表示