既刊書 | 日本・東洋美術史

米ふつ『画史』註解 上

米ふつ『画史』註解 上

古原宏伸 編著

B5判上製函入
本文460頁
挿図497点

価格/35,640 円(税込)
ISBN978-4-8055-0608-0

ADD TO CART

INFORMATION

中国絵画史上屈指の鬼才が残した最重要にして難物中の難物史料『画史』待望の全文訳、成立後900年にして初の刊行。『画史』の作者・米ふつは中国北宋の画家・書家・文人である。『画史』は、米ふつが書画の所見の記事・来歴を中心に、巷間の故事、雑事について、若年から最晩年にかけて書き残した文章を収録したものである。この中国絵画の研究史上、屈指の重要史料の成立後900年という長い年月、注解のなかった全編の訳読を試み、原典批判を繰り返し、多くの異本校合をとおして、その内容を明らかにし、問題点を指摘した一大労作。

関連書籍

米ふつ『画史』註解 下

米ふつ『画史』註解 下

価格/37,800 円(税込)
中国美術の図像と様式

中国美術の図像と様式

価格/43,200 円(税込)

SEARCH

copyright(C)chuokouronbijyutsu. ALL RIGHTS RESERVED.PAGE TOP
特定商取引に基づく表示