既刊書 | 日本・東洋建築・都市史

伊勢神宮・大嘗宮建築史論

伊勢神宮・大嘗宮建築史論

林 一馬 著

B5判上製函入
カラー口絵4頁
本文556頁

価格/32,400 円(税込)
ISBN978-4-8055-0389-8

ADD TO CART

INFORMATION

天皇家の祖先神を祭る最高位の神社である伊勢神宮は最も日本的な特質を具現している日本建築史上の一大高峰である。大嘗宮は歴代天皇の即位にともなって挙行される大嘗祭のための祭儀場のことである。これらは古代王権・国家の中枢的機能・宗教的源泉の役割を担ってきた。建築史学の立場からこれらを考察し、歴史学、国文学、宗教学、神話学、民俗学にも深く論究。
【日本建築学会賞】【在庫僅少・営業部までお問い合わせください】

SEARCH

copyright(C)chuokouronbijyutsu. ALL RIGHTS RESERVED.PAGE TOP
特定商取引に基づく表示